むちうちなら本八幡南口接骨院

本八幡南口接骨院

四十肩・五十肩

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    皆さんは生活していて急に肩が痛くなった、肩が上がらなくなったという経験はありますでしょうか?
    「これってもしかして四十肩?・五十肩?」と思ったことありませんか?
    四十肩、五十肩の代表的な症状をいくつか上げるので当てはまる人は要注意かもです!!
    洋服を着替える時に肩が痛くて腕が上がらない
    突然、肩周りに強い痛みが出る。
    横を向いて寝ると痛くて目が覚める
    高い位置にあるものを取ろうとすると痛みが走る
    洗濯物を干すときに肩が痛くて上がらない
    こういった症状が出る方は四十肩、五十肩の可能性があります!

  2. 四十肩・五十肩に対する当院の考え

    明るい挨拶

    そもそも四十肩、五十肩とはなんでしょうか?簡単にではありますが四十肩、五十肩について説明します。
    四十肩、五十肩は医学的には「肩関節周囲炎」と言い、発症する年齢が違うだけでどちらも同じものです。四十肩、五十肩が発生する原因は未だはっきりしていませんが、加齢に伴い肩の関節や筋肉、肩周りの組織に固くなったり縮んだりなどの変化が起こることで、炎症や痛みを引き起こすためと考えられています。
    また、これらの原因に加えて、生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化といった原因が重なることも発症のきっかけになるといわれています。

  3. 四十肩・五十肩を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    四十肩、五十肩はいくつかの段階に分かれています。
    一番初めは急性期と呼ばれ、非常に痛みが強く、じっとしていても痛みが出る、夜寝ているときも痛みが出る。という非常に辛い時期です。
    炎症期とも呼ばれ、最初は「何となく痛い」程度だった痛みが徐々に増してくる段階です。炎症が起こっている段階なので刺激を加えると悪化してします可能性があります。
    激しい痛みが治まったあと、肩の関節が固まる時期があります。これを慢性期と呼びます。痛みは治まりますが、肩の動きに制限が出ます。「動かそうと思っても動かない」という状態です。
    最後は回復期です。回復期までいくと、痛みや動きの制限もだいぶ治まっているので日常生活も少しずつ楽になり、リハビリも可能です。
    時期によって治療の仕方が変わってきます。適切な治療を行わないと痛みが無くなっても肩が動かない等の症状が残ってしまう可能性があります。

  4. 四十肩・五十肩の改善方法

    明るい挨拶

    ここでは四十肩、五十肩の治療法についてご説明します。
    ・運動療法:メインの治療法になります。ストレッチや振り子運動を行い肩の関節の緊張をほぐします。主な目的は痛みの緩和と関節を広げる事です。ストレッチは四十肩、五十肩にならない為の予防にも効果的なので日頃から行うことも大事ですね!
    ・温熱療法:痛い場所を温めることで血行を良くします。温めると治癒を促し痛みの緩和に繋がります。自宅で出来ることとして、湯船に浸かる、蒸しタオルや温湿布などを使って温めることが出来ます。
    ・寒冷療法:急性期のように痛みが激しく、痛い場所が熱を持っている場合は炎症を抑える為行います。アイシングを用いても良いですが長時間行うと凍傷を起こす可能性もあるので冷湿布を使用しましょう。痛みが軽くなったら温熱療法に切り替えます。

  5. 四十肩・五十肩の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    今説明した治療法は主に自宅で出来るものをお伝えしました。ここでは当院がオススメする四十肩、五十肩を改善する治療メニューを紹介します!
    ・はり治療:急性期のように痛みが強くて辛いが無理に動かすことが出来ない方にオススメの治療です!はり治療をオススメすると「痛い、怖い」というイメージを持っている方も少なくないのではないでしょうか?当院で使用しているはりは髪の毛くらいの細さですので痛みはほとんどありません。はりを刺してそこに電気を通す治療法もありますが、当院は電気は流さないのでご安心ください。はり治療の効果としては、固まっている筋肉にアプローチをかけることが出来るので動かさなくても筋肉が柔らかくなり痛みの軽減も図ります。
    ・肩甲骨はがし:肩甲骨の周りには約20もの筋肉がついています。その筋肉が正常に動かないと筋肉が硬くなり負担が増えてやがて四十肩や五十肩に繋がります。肩甲骨はがしをすると肩甲骨周りの筋肉を動かして肩甲骨の可動域を広げて肩こりの解消や四十肩、五十肩の予防をします。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    はり治療を受けると筋肉が緩み血の巡りも良くなるので肩を動かしやすくする効果や冷え性解消の効果もあります。急性期だと肩を動かすだけでも痛みが出るのではり治療を行うと痛みの軽減だけではなく多少の動かしやすさも出せます。急性期を過ぎたら肩甲骨はがしをオススメします。肩甲骨はがしを行うと肩周りの筋肉を緩めることが出来るので痛みの軽減だけでなく肩こり改善もできます。また、肩関節の可動域を広げる事も出来ます。

    改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    痛みが強い急性期の場合は治療の間隔を空けずに受けることをオススメします。治療の間隔が空くと痛みや硬さも元に戻ってしまうので続けての治療を受ける必要があります。慢性期に移行しても間隔は空けないことをオススメします。オススメの頻度は週2~3回です。急に間隔を空けるのではなく、痛みや動かしやすさを見ながら少しずつ空けていきましょう。

▲ページの先頭へ戻る

本八幡南口接骨院のご案内

【住所】〒272-0023 千葉県市川市南八幡3-6-1 UTAK BUILDING 【電話】 TEL:047-712-6670

本八幡南口接骨院景観
受付時間 土・祝・日
10:00~13:00 8:30~12:30
15:00~21:00 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

 JR「本八幡駅」から 本八幡南口接骨院まで徒歩2分です。
西友本八幡店と同じビル、大阪王将の並びです。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

本八幡南口接骨院マップ

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る