むちうちなら本八幡南口接骨院

本八幡南口接骨院

胸郭出口症候群

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    こんにちは!本八幡南口接骨院です!みなさんは「胸郭出口症候群」というものを聞いたことはあるでしょうか?電車のつり革をつかまる時や洗濯物を干すときに腕を挙げることがあると思います。そんな時にしびれが出た経験はありませんか?その症状が出る方はもしかしたら「胸郭出口症候群」かもしれません。代表的な症状には手のしびれや痛みによる握力の低下・肩こり、冷感などがあります。肩こりを感じて通院したことをきっかけに、胸郭出口症候群が見つかる人もいます。腕を上げたり肩を上げたりした際に、腕のしびれや脱力感を感じる場合でも胸郭出口症候群の可能性があります。

  2. 胸郭出口症候群に対する当院の考え

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群とはどんな病気なのでしょうか?胸郭出口症候群とは、腕や肩に負担がかかるような態勢や運動で、神経や血管が障害を受けることにより、肩や腕、手の部分にしびれや痛み、動かしにくさ等の症状が表れる状態のことです。また、これらの症状を肩こりとして感じる人も多くいます。胸郭出口症候群はなで肩の女性に多いといわれていますが、筋肉を鍛えている男性がなることもあります。他には、重い荷物を持つ仕事や負荷が強い筋トレをしている方、手を高くあげるスポーツ(野球、バレーボール、バドミントンなど)を行っている人がなりやすい傾向にあります。特に、20~30代の女性に起こりやすいのが特徴で、首や肩周りのケガなどが原因で症状が表れることもあります。
    また、胸郭出口症候群が起こる原因として生まれつきのものがあり、生まれながらに鎖骨と肋骨の間を通る神経や血管のトンネルが狭くて症状が出ることもあります。

  3. 胸郭出口症候群を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    「多少肩こりがするだけだから大丈夫」「いつもよりしびれているけどすぐに治る」など症状をそのまま放っておく人もいますが、放っておくと大変危険です。血管の症状としては、血行の悪さから皮膚が白くなったり、青紫色になったりします。また、血行の障害で痛みを感じたり、感覚の障害が出たりします。しびれの症状(神経症状)を放っておくと最初は首や肩、腕に出ていたしびれが指先や体幹に出てくるケースもあります。そのまましびれが続くと、筋力低下が現れるのでそれに伴って手の握力が低下したり、指先が上手く動かせなくなるなどの影響が出ます。

  4. 胸郭出口症候群の改善方法

    明るい挨拶

    肩こりやしびれなどの症状が出たり、長く続いたら症状の改善に努めましょう。日常生活で気を付けることとして、重たい荷物を持ったり、リュックサックのような荷物を背負うことは避けましょう。また、腕を挙げる姿勢での仕事や動作もしないように気を付けましょう。他には寝ているときの姿勢を変えるだけで症状が軽減することもあります。寝ている姿勢だけでなく普段の姿勢不良から症状が出ることもあるので良い姿勢(猫背の姿勢を取らない)を意識しましょう。それでもまだ症状が出る場合は消炎鎮痛剤、血流改善剤やビタミンB1などの薬の投与も行なわれます。

  5. 胸郭出口症候群の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    当院だと胸郭出口症候群の方には2つの施術を行い、改善を図ります。
    1つ目は鍼治療です。鍼治療を受けると圧迫を受けている筋肉に対して緊張を取り除き血流の流れを良くする目的があります。また、鍼治療は上半身の神経の消炎鎮痛にも効果があります。
    もう1つは姿勢を治す矯正治療です。頭や肩が前に出ているいわゆる猫背の姿勢が強いと首や肩の筋肉、神経が圧迫を受け症状を引き起こすので、姿勢を良くする・治す治療をして、良い姿勢で普段から過ごすことが出来ると症状を出るのを防ぐことが出来ます。
    どちらの治療も重要ですが筋肉が硬くなっていると症状が出やすくなるので、湯船に浸かったり、首・肩のストレッチを行い筋肉を緩めることも重要になってきます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    鍼治療を受けるとマッサージでは届かない奥深くの筋肉を緩めることが出来るので症状の改善を図ることが出来ます。また、しびれなどの神経症状にも鍼は効果的です。
    矯正治療は姿勢を改善することを目的としています。猫背の姿勢で生活をしていると、主に首と肩の筋肉に負担がかかりやすくなってしまいます。筋肉に負担がかかると筋肉が硬くなり、血管や神経を圧迫するので痛みやしびれといった症状が出やすくなります。矯正治療で姿勢を改善することで筋肉の負担を減らし、症状の改善を図ることができます。

    改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    鍼治療や矯正治療を受ける頻度ですが、最低でも週に1回の目安で治療を受けることをオススメします。もし可能であれば週に2回や3回と受けることが出来れば早く良くすることが出来ます。日々の生活で体には負担がかかっています。ある一定の頻度で治療を受けることで症状の改善プラス同じような症状が出ることを防ぐことが出来ます。

▲ページの先頭へ戻る

本八幡南口接骨院のご案内

【住所】〒272-0023 千葉県市川市南八幡3-6-1 UTAK BUILDING 【電話】 TEL:047-712-6670

本八幡南口接骨院景観
受付時間 土・祝・日
10:00~13:00 8:30~12:30
15:00~21:00 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

 JR「本八幡駅」から 本八幡南口接骨院まで徒歩2分です。
西友本八幡店と同じビル、大阪王将の並びです。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

本八幡南口接骨院マップ

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る